スローワールドおちかわ屋の最近の記事

各種助成金ありがとうございました。

各種助成金ありがとうございました。

ご支援いただいた皆様には心より感謝しております。

各事業所で活用させていただきます。

今後ともご支援のほどよろしくお願い致します。

 

【里山耕房くらさわ】

障害者愛の福祉基金

品目:歯ブラシ殺菌乾燥保管庫

購入金額 164,304円

助成金額 160,000円

自己負担 4,304円

kurasawa_jyosei.jpg

 

 

【おちかわ屋】

赤い羽根共同募金会(70回記念配分)

品目:エアコン

工事費 52,680円(工事費のみ)
oshikawaya_jyosei.jpg

 

 

【ディセーント・ワーク平山台】

共同募金会地域配分(B配分)

事業名 セントラルキッチン増産、衛生管理向上に伴う機器整備事業

購入品 調理台3台

配分決定額 280,000円

購入金額 417,465円

 

hirayamadai_28jyosei01.jpg hirayamadai_28jyosei02.jpg

おちかわ屋が移転しました

おちかわ屋は、百草園から移転、市役所近くの神明4-22-6にて4月17日からリニューアルオープンしました。百草園では大変お世話になりました。引き続き新しい場所でもよろしくお願いします。

新住所:〒191-0016日野市神明4-22-6 TEL・FAX042-843-1651

「温市」、新規就農者の立ち上げたFIO、同じ認定NPO法人やまぼうしの里山耕房くらさわからの新鮮・自然の有機野菜を毎日お届けします!
 八ヶ岳名水会こだわりの特産品も常時販売します!どうぞ、お立ち寄りください!

まちづくり市民フェア2015に参加しました

10月18日、日野市市民の森ふれあいホールで開催された「まちづくり市民フェア2015」にやまぼうしの事業所が参加しました。

12088459_1656858057906792_540844426639312635_n.jpg 12115502_1656858154573449_8945128498417957098_n.jpg

12107048_1656855131240418_5823746304064954115_n.jpg 12141515_1656855504573714_8524350482254825465_n.jpg

12140844_1656855357907062_6953022093168653675_n.jpg

12079693_1656858397906758_6169409469223529482_n.jpg

 

おちかわ屋)美智子ちゃんのお人形

少し離れた関連事業所所属の利用者、Kさん(50代男性)に久しぶりにお会いしました。

Kさんは時々美智子ちゃんというお人形を作っています。

去年の2月にここにupした時は14体でしたが、現在は15体になったそうです。名前は全員、美智子ちゃん。

いつも連れて歩くのは決まった5体で、残念ながら一番新しい美智子ちゃんにはお目にかかれませんでしたが、以前からの美智子ちゃんにカスタマイズしたのを見せてくれました。

「頭にリボンをつけて、背中にリュックをしょわせました」

リュックは紐と安全ピンで開閉するのかと思いきや、ちゃんとボタンが内側に縫い付けてあり楽に開閉できる工夫がされていました。前側にもバックとポシェットがあり、それぞれマフラー(バーバリー風の毛の布地)、ハンカチが入っていました。

どこまで進化するのか、Kさんにもわからないそうです。

 

12111941_895625220528993_8396432495401092990_n.jpg 12108080_895625333862315_8911022430320793928_n.jpg

イオン多摩平の森店(豊田)では、毎月11日に「イオン・デー」が開催され、地域の団体を応援するために、お客さまが投函される黄色いレシートの合計金額の1%相当の品物を贈呈する「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」が実施されています。

このキャンペーンは、
地域のボランティア団体などの名前と活動内容を書いた投函BOXをお店において、お客様がレジで受け取られた黄色いレシートを応援したい団体の投函BOXへ入れていただくと、お買い上げ金額合計の1%がその団体などに希望する品物で寄贈されるというものです。

キャンペーン初回の昨日は5団体が参加しました。



「やまぼうし」も初回から登録させていただき、利用者さん、職員でキャンペーンの店頭呼びかけを行いました。



イオンホームページ
(黄色いレシートキャンペーンについての詳細です)
イオンモール多摩平の森店

今後、毎月11日にはキャンペーンが行われ、昨日同様「やまぼうし」も店頭キャンペーンに参加いたします。

皆さまもイオンで買い物の際は、是非ご協力下さい。



12月5日金曜日、ふれあいの森では、マミーズマムとのコラボ、1dayshopを開催しました。
店内で手作りの雑貨などを販売しました。集客効果もあり普段より少し売上がUPしました。また、平山台のパンがあっと言う間に売り切れました。

551448_736067773151406_5916863503828519051_n.jpg

10376847_736067833151400_27667289711394200_n.jpg

ふれあいの森)クリスマスツリー!!

ふれあいの森のクリスマスツリー。

10410838_732342506857266_7346496510131479347_n.jpg

ふれあいの森)Hさん今月の作品

Hさんの今月の作品。

こう言っちゃなんですが、ご本人はクラシック音楽や俳句を嗜む生真面目な堅い印象の方なのに、いつも随分イメージから遠いsweetな絵を描くのが面白いです。

右上の天使の顔は最初眉毛が太くて強面だったのを描き直して可愛くしていました。

これからの季節にぴったりなのでお店に飾ってもらいましょうか。

 

10387334_726566487434868_4598258419412309847_n.jpg

明星大学「星友祭」にスターショップス・サポーターズ(SSS)が出店しました。

サポーターの学生が企画した牛スジシチューがメインメニュ―です。

やまぼうしのスタッフはサポーター役に廻りました。

多くの屋台がある中で、カフェを専用し、テラス席もあるのはここだけ!!

味も賑わいもなかなかでした。「やまぼうし平山台」と「れんげ」「おちかわ屋」の利用者さんも大学祭のイベントをそれぞれ楽しみました。

 

604090_1513181748941091_4604536954240527098_n.jpg 10702047_1513180702274529_4359731097549776571_n.jpg

 

スターショップス・サポーターズの皆様!!

1920353_1513180428941223_7735571009946349120_n.jpg 10473852_568451736589655_5843277713515109609_n.jpg

10367554_568451669922995_5329376689017096770_n.jpg 1555517_568451716589657_7669660695119454680_n.jpg

10409100_568451639922998_1958488294400775925_n.jpg お疲れ様でした。

 

 

 

従来の「暮らしのフェスタ」と「市民活動フェア」を統一した初めてのイベント「2014年だいすき日野市民フェア」におちかわ屋、明星大学スターショップスサポーターズが参加しました。

2014101902.jpg

 

10141019.jpg

おちかわ屋)共同連全国研修会に参加

王子での共同連全国研修会に参加してきました。

弁論大会は多士済々で、札幌から熊本までの各地から参加されました。

弁士は東日本(わくわくかん・あしたや共働企画・結の会・やまぼうし)と西日本(セントラルキッチンかすがい・共生シンホニー・ちまちま工房・くまもと障害者労働センター)の8組がエントリー。

やまぼうしは、おちかわ屋から2名が参加。ご当人はかなり緊張していましたが、佐藤所長の同伴とスタッフの西畑さんが絶妙のサポートのおかげで、これまでの研修会では吐露されなかった本音トークに引き込まれた4時間でした。

まさに共同連版「悩みの海を漕ぎ渡れ!」です。

懇親会では、堀代表の後輩(視覚障がい)で国際的に活躍されている音楽家の綱川泰典氏(フルート)酒井亮氏(ピアノ)が登場され、なんとも贅沢なサロンコンサートを満喫しました。

 

2014060201.jpg 2014060202.jpg

スタッフ研修会開催

2014年5月18日、認定NPO法人やまぼうしの「スタッフ研修会」を日野市市民活動支援センターで開催しました。

メインテーマは「やまぼうしは何にこだわり、何を大切にしてきたのかを振り返ってみよう!これからのやまぼうしの事業展望を 共に切り拓いていくための課題を共有しよう!」です。


午前中は 「地域で共に生きる・働く・・自然との共生をめざして」まちを耕す、障がいを持つ人がまちづくりの担い手に?やまぼうしの40年の歴史とこれから?の伊藤理事長の講演と、本部事務局の安田さんから「認定NPO法人取得の意義とこれからの経営改善の課題」の提起。


午後は「共同連への参加と社会的事業所づくり」をスローワールド事業部の田庭事業マネージャから、「新たなやまぼうしホームの体制づくりと統一勤務表の作成」を嶋本やまぼうしホーム管理者補佐が提起しました。


その後、各事業所責任者から各事業所のスタッフ紹介と今年度の事業計画のポイントの説明を受け、意見交換。4時から6時まではふれあいの森からの出前で懇親会に入りました。

盛りだくさんの企画でしたが、年に2回は全体研修会を開催する予定です。

 

10383510_607367349381631_3733073469878260376_n.jpg

 

10367162_607367406048292_8611193327403407537_n.jpg

 

12月3日から9日は「障害者週間」です

12月3日から9日は「障害者週間」です。

この期間に合わせて、日野市では障害の理解に向けたパネル展示を行っています。

やまぼうしの各通所事業所も「事業所の紹介」を展示させていただきました。

ぜひご覧ください。

 

期間:平成25年12月3日(火)から12月9日(月)

場所:京王線高幡不動駅南北自由通路

tenji01.jpg

 

tenji02.jpg

2012年10月16日、日野市市民の森ふれあいホールにて、全日本自動車産業労働組合総連合会様からの車両贈呈式が開催されました。

今回の車両贈呈は、自動車総連結成40周年記念事業の一環として行われ、全国で10台の車両が贈呈され、うち一台(トヨタハイエース・ウエルキャブリフト付き車)を「やまぼうしスローワールド事業部」に寄贈していただきました。

贈呈式では、今回の寄贈を仲介していただきました日野市社会福祉協議会会長様の挨拶に続き、地元日野自動車の日野労連の信田会長様より「今回の寄贈は、多くの組合員の地域福祉への貢献活動へのカンパ金によるもので、やまぼうしの地域活動に活用されることを期待します」との挨拶を頂きました。

新しいリフト付き車は今後、やまぼうしスローワールド事業で、送迎支援、物資搬送等でとても役立ちます。

自動車総連をはじめ、ご協力を賜りました関係各位に対し謹んで感謝の意を表します。

やまぼうし10周年記念コンサートを開催しました。

(東京芸大院生の本格派若手演奏家を中心としたグループによる箏、三弦、胡弓、尺八による古典と現代の曲の演奏)

2012093008.jpg

 

2012093009.jpg

「市民活動フェア」の様子です。

2012093010.jpg

 

やまぼうし設立10周年記念イベント「ふれあいの森フェスタ」開催1

やまぼうし設立10周年記念イベント「ふれあいの森フェスタ」開催2

2012年9月30日、日野市市民の森「ふれいホール」を会場に、やまぼうし10周年記念イベントを開催しました。

当日は、300人を超える会員をはじめ、協賛開催された「第1回市民活動フェア」との相乗効果があり、日野市長をはじめ多くの議員の皆様、市内36市民団体の関係者の皆様が来場され、全体で1000人超える来場者で盛況な催しとなりました。

ご支援、ご協力くださいました方々に感謝申し上げます。

2012093001.jpg

馬場日野市長より、お祝いのお言葉をいただきました。

2012093002.jpg

 やまぼうしの軌跡「パネル展示」の会場の様子。

2012093003.jpg 

 「やまぼうし設立10周年記念イベント「ふれあいの森フェスタ」開催2」

 

市民の森ふれあいホールのカフェラウンジ事業プランについて            

          NPO法人 やまぼうし   理事長 伊藤 勲

1、カフェ事業の運営について

当法人は、平成184月に豊田に「カフェ畑れんげ」をオープンしたのを皮切りに、平成214月には、平山台健康市民支援センター内に「ベーカリカフェ・平山台」、平成221月に「明星大スターショップス」、平成234月に「法政大多摩キャンパス内に「エッグドームカフェ」を開設してきました。 これらのカフェ事業の取り組みを生かし、「ふれあいの森カフェ」を市民の期待に応えるべく、事業経営能力のスキルアップに努めてまいりました。まだまだ研鑽が必要ではありますが、魅力ある商品開発やサービス提供体制の整備を進めています。

 尚、これらの事業を障害者就労支援事業の一環として取り組むに当たり、障害者自立支援法による事業種別としては、「就労継続支援B型事業」で行うことしました。国は、現在障害者自立支援法に代わる「総合福祉法」の制定に向けた検討作業を進めています。今後そうした国の施策の転換が確定した段階で改めて事業種別の再検討を行うこととしますが、基本的には、日野・八王子・多摩市では初のA型(雇用型)事業所への移行を目指します。

2、事業運営は、「やまぼうしスローワールド」(やまぼうしの通所事業部門)が行います。

   小規模作業所「おちかわ屋」が法定事業に移行し、主たる事業所としてスローワールド直売所となります。「ふれあいの森カフェ」はその従たる事業所として運営します。

3、営業日について

原則としてふれあいホール運営時間にあわせた土日休日を含む営業を予定しています。

ホールの休館日以外は営業を基本としますが、毎週1日の休業日を設けます。

4、営業時間について

「8時 出勤、11時 営業開始、19時 ラストオーダー、20時 閉店 21時 退出」で、スタッフ体制を組む予定です。年中無休体制は、当法人にとっても大きな試練です。障害者スタッフの力量アップも含め、法人の通所部門全体でのサポート体制を構築していくこととしています。

5、運営のイメージについて

 平山台・明星大や法政大でのカフェも大変好評いただいていますが、ふれあいの森カフェはさらに市民の方がゆったりとくつろげるおしゃれなカフェにしたいと考えています。「ふれあいの森カフェ」(愛称)にあった工夫をします。

6、提供するメニューについて

 日野市民のみならず外部の方にも喜ばれるメニュー開発等に努めます。

・新撰組にちなんだメニューを提供し、歳三うどんや現在日野商工会と協働開発している「新選漬」等のミニ道の駅的販売コーナーを設置します。

・桑ハウスにちなんで、桑の葉パウダー入りのパン・スウィ―ツの試作をすすめています。桑の葉パスタ等のヘルシーな食材提供にも取り組みます。

・各種オリジナルのスイーツ類の提供にも工夫し、デイナータイムにはアルコールの提供も行います。(法政大では実施しています)

・明星大・法政大でも好評いただいている各種パーティ食に、平山台のセントラルキッチンのサポートを受けながら100食程度の予約にも対応します。

ふれあいの森カフェで働きたい障害者の方はご連絡ください。電話 042?581?7946

やまぼうしの源流ともいえる、「ワークショップおちかわ屋」が開店して、今年は21年目を迎えます。

21年前は、重度障害者が本格的なお店を開店するということは、国立市公民館の喫茶「わいがや」や、練馬区役所内の喫茶くらいで、全国的にもあまり例がありませんでした。新聞で報道されたり、関西からの見学者もありました。(現在は約500の障害者の喫茶が誕生しています。その草分け的役割を果たしてきました)

当時、日野療護園に入所されていた4名が主力メンバーでした。 

お隣の、とんかつ屋のご夫婦や、多くのボランティアの方々に支えられ、「半年でつぶれるよ」という風評を跳ね返して事業が定着し発展してきました。そして、様々な人間ドラマと日野の新たなまちづくりの仕掛け人として、多くの出会いの機会を創り出してくることができました。

改めて、これまでのご支援とご協力に感謝申し上げます。

3月から「スローワールドおちかわ屋」として再スタートしました。

この間、おちかわ屋を起点に「交流サロンべらもんと(その後「れんげ」に移行)」「里山耕房くらさわ」「やまぼうし平山台」「明星大学スターショップス」「法政大学エッグドーム」が開設してきました。

本年3月からの日野市ふれあいの森の「スローワールドふれあいの森」の開店とともに、「おちかわ屋」が、その主たる事業所として法定事業に移行することになりました。

2月末までに、東京都の施設整備の完了検査と事業所指定の現地調査を受け、無事認可を受けることができました。名称も、スローワールド事業部の「スローワールドおちかわ屋」に変更となります。

これに伴い、やまぼうしの全事業所の法定事業移行が完了しました。

 

3月11日(日曜)に日野市市民の森ふれあいホールがオープンします。

 

施設詳細(日野市HP)

http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/18,98408,84,html

 

イベント詳細(日野市HP)

http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/185,99053,209,html

 

3月11日(日)より、やまぼうしは、ふれあいホールにカフェをオープンいたします。

ご来店をお待ちしています!!